チーム幸せデザインラボ

運動、食生活のスペシャリストが責任を持ってお客様の健康サポートをさせていただきます。
お困りのことがございましたら、ぜひスタッフまでご相談ください!

HITOSHI    運動アドバイザー

群馬県出身、新潟医療福祉大学 医療技術学部 理学療法学科卒業。国家資格 理学療法士を取得。

大学卒業後、国家資格である理学療法士のライセンスを取得し、理学療法士として整形外科に入職。小学生から高齢者の幅広い年齢の方々や、スポーツ愛好者やアスリートまで様々なジャンルの方を対象にリハビリテーションを実施しております。

幸せデザインラボを通して、私が得意とする運動指導や痛みに対する施術のみならず、「食」に対して専門的な知識を有するアドバイザーなどと協力していき、関わる方に対して少しでもお役になれればと考えております。痛みでお困りの方や、「柔軟な身体を手に入れたい」「なんとなく体が不良だな」、「予防のために運動がしたい」、「体のメンテナンスとして施術を受けたい」など、どんな些細なことでも一度ご相談くだされば、スタッフ一同協力させていただきます。

MIZUKI    食事アドバイザー

岡山県出身、文教大学卒業。ホールフードジュニアマスター資格取得。

幼少期からのアレルギー性鼻炎、大人になってからの生理痛を改善するなかで得た知識や経験を発信するため「幸せデザインラボ」で活動を始めました。慢性的な便秘・生理痛・冷え性、花粉症などのアレルギー、食べ物に対するアレルギーなど当たり前になっている現代病には必ず理由があります。

最近は食の安心安全に目を向ける人が増えてきましたが、体に良い食べ物を手に入れるためには、きれいな水や土のある豊かな環境が必要ということにまで、目を向けている人は少ないのではないでしょうか。環境が壊れてしまっては安心安全で体に良い食べ物を作ることはできません。つまり、食のことだけを考えていても健康的な暮らしは実現できないのです。「食」「暮らし」「環境」は全てつながっているという「ホールフード」の考え方がなぜ今必要なのか、知ってほしいと思います。

KAZUKI    代表

群馬県出身、文教大学卒業。幸せデザインラボ 代表。

慢性的なアレルギー性鼻炎やなんとなく不調(眠くなる、ボーッとする、動悸)という悩みを抱えている時に、東洋医学や統合医療の考え方と出会い、セルラーウェルネスの概念を基に生活習慣を変え、克服することに成功。そして自分の身体の変化を感じながら「健康の本質」を知る。そして周りの人の食生活や健康状態に目線が行くようになり、「なんとかして変えてあげなければ病気になる」と思うが「口で伝えても伝わらない。。。」そんな伝えたい人に伝わらない難しさに葛藤する。周りの人、そして私たちに関わる全ての方、考え方に賛同してくれる方の健康水準をアップさせたいと、次世代に必要な健康サービスを取り入れた「幸せデザインラボ」の発足を決意。